【心のセルフケアのための簡単ワーク音声⑤】身体の境界線~自分のパーソナルスペースの中でくつろいでみよう!【安心感の土台を育てる】

【心のセルフケアのための簡単ワーク音声】と題して、YouTubeに音声をアップしています。

こちらはその第五弾です。

音声で、ご自分でできる簡単なセルフケアのワークをご紹介しています。
簡単だけれど効果は大きいです♪
ぜひ音声を聴きながら、一緒に取り組んでみてくださいね!

ご自分に合うものを、毎日の生活の中に取り入れていただけたら嬉しいです。

目次

「身体の境界線」のお話

心のセルフケア動画の第五弾は、
第四弾の「心の境界線(バウンダリー)」のお話に続き、

「身体の境界線」のお話と、
ご自分で簡単にできるセルフケアワークのご紹介です。

▼第四弾の「心の境界線(バウンダリー)」についてはこちら

身体にも、心地良い「自分のスペース」がある。

身体にも、心地良い「自分のスペース」というのがあります。

それを「パーソナルスペース」と言ったりします。

人や外に意識が向きがちな人、
特にHSPの人は、
この「自分のスペース感」というのが弱かったりします

HSPなどの敏感な人は、どうしてもエネルギー的な影響を受けやすく、
結果として、パーソナルスペースをしっかり感じられない、保てない・・・

そうなると、

外のことに振り回されやすかったり、
そのために不安を感じたり・・・

そんなことが起こりがちです。

動画では、そのあたりのお話と、

自分のスペースを感じて、その中でくつろぐ

というワークをご紹介しています。

この「自分のスペースの中でくつろぐ」というのは、
自分の中に、安定や安心感を養っていくことにも繋がります。

とっても手軽なワークなので、ぜひ生活の中に取り入れていただければと思いますニコニコ

ワークを体験してくださった方からいただいたご感想

ワークショップにご参加いただいた方からは、こちらのワークについてこんなご感想をいただきました。

境界線をつかんでからその中を光で満たすと、境界線がない場合と比べて、光が濃縮される感じでより安心感が感じられ、すごく良かったです

自分のスペースを意識するワークをしたら、体の境界線がかなり小さくなっていたことに気づいて、びっくりしました。
無意識に縮こまっていたことに気づけました。

パーソナルスペースを感じて安心感を持つワークでは、あの時間の中で変化がありました。
落ち着く感じ、周りから聞こえてくる音が柔らかくなった感じがあり、そういう体感できたのが自分でも驚きでした。

パーソナルスペースのワークですが、手を広げた距離からもっと遠くまで広げていって、遠く行くほど安心しました。

ご興味のある方はぜひ体験してみてくださいね笑顔

「身体の境界線~自分のパーソナルスペースの中でくつろぐワーク」YouTube

▼個人セッションをご希望の方はこちらからどうぞ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる