癒しのメソッドも、やっていて苦しくなるのなら・・・

目次

そのメソッドやツール、本当にあなたに合っていますか??

「スピリチュアルジプシー」だった私。

私がまだすごく苦しかった頃に、引き寄せやヒーリングにハマった時期がありました。

その頃に私が考えていたのは、

「これ!という素晴らしいメソッドやツールに出会えれば、私は変われるはず!」

「誰か素晴らしいヒーラーやチャネラー・セラピストに出会えれば、私は楽になれるはず!」

ということでした。

だから、ネットを彷徨っては、”本物”と思えるメソッドやノウハウやツールを探し、
「”本物”と思える誰か」を探していました。

そういうもの、そういう人に出会えさえすれば、
私は変われる、幸せになれるのだと。

そして、「これ!」と感じた色々なものに手を出しました・・・チーン

メソッドや「誰か」に、力があるのだと思っていた。

完全に人頼みであり、他人軸だったと思います。

いわゆる「スピリチュアルジプシー」状態。

いま振り返ると、それも必要なプロセスだったのだとは思います。

楽にしてくれる「何か」や「誰か」に出会うことこそが重要なのだと思っていた私は、

つまり、ある意味、お手軽に・簡単に楽になりたかった私は、

散々探して試して、「そういうものは無いのだ」と、
「自分次第なのだ」と、
自分の身をもって理解しなければ、その先へは進めなかったと思うから。

「やっていて苦しくなるメソッド」や、「実践できない方法」は、、、

だから、いま「スピリチュアルジプシー」や「セミナージプシー」状態の方には、
「気が済むまでやるしか無いよね」と思います。

すごく苦しい時は、どうしても人頼みになってしまうものだと思うし。

ただ、ひとつお伝えしたいのは、

「やっていて苦しくなるメソッド」や、「実践できない方法」は、
諦めて、捨ててもいいんじゃない?

ということ。

たとえば、有名どころ(?)で言うと、「感謝すればいい」とか、「良い気分で居ればいい」とか。

でも、それができない人も居る。

苦しくてどうしようもなくて、感謝なんてできない。
良い気分になんてなれるわけがない。

・・・これ、当時の私ですが笑い泣き

そういう状態の人が、一生懸命これらのメソッドに取り組むと、

どうしても、「できない自分」を責めてしまう。

「感謝」とか「良い気分」とか、
すごく真っ当で正しいからこそ、
余計に、それができない自分を責める

また「このメソッドで効果が出た!人生が変わった!!」という人が居るものだから、
「正しく実践できれば変われるのに、できない私がダメなんだ・・・」と、そういう面でも自分を責める。

そして、自分に自信が無いから、

「その方法は自分には合わないのかもしれない」という可能性や、
場合によっては「そのメソッドがおかしいのかもしれない」ということには目を瞑って、

「できない私がダメなんだ」と思ってしまう。

楽になるために始めたメソッドなのに、ますます苦しくなる

今より更に自分を責めて追い詰めるという、負のスパイラルに嵌ってしまう。

・・・はい、これも当時の私です笑い泣き

だから、余計なお世話だけれど、いまそういう状態で辛い人には、

やっていて苦しくなるなら、
それ、捨ててもいいんじゃない?

とお伝えしたくなってしまうのです。

「今のありのままの自分」を認め、そこからスタートする。

感謝できないものは仕方無い。

だって、どうやったってできないのだから。

感謝できないなんて、人としてダメだって感じるし、
そんな自分が情けなく、できそこないみたいに思えたりしても、

でも、「できない」というのが、
どうやっても誤魔化しようのない、「今の自分」です。

苦しかった当時の私は、
「感謝はするものじゃなく、自然に湧いてくるもの」なんていう、ごもっともな言葉なんてどうでもよかったし、
「感謝できない自分を受け容れる」なんてことも、とてもじゃないけどできなかった。

でも、それでいいんです。

だって、できないんだから。
やってて苦しいんだから。

できないということは、苦しいということは、
今の自分には、その方法は無理だということ。
合わないということ。

私たちは、ひとりひとり生まれ持った性質も個性も違うし、
人生で体験してきたこともまったく違います。

「すべての人に効果のある方法・メソッド・ツール」は無いと、私は思っています。

それくらい私たちは「ひとりひとりが違う人間」です。

けれども、「人間の身体や心の基本的な・普遍的な仕組み」に基づいたもの、
人間の本質的なシステムに基づいて、具体的に、その人に何が起きてるかを見て行く方法」は、
100%とは言えませんが、有効性は高いと言えるかと思います。
ただしこうした方法のほとんどは、地味でそれなりに時間もかかります。

そのメソッドやツールで人生が変わった人、幸せになった人は、
それが、その人に合っていたのでしょう。
今のその人の状態やタイミングに合っていたのでしょう。

でも、今の自分には無理、合わない。

それだけのこと

だったら、ちょっと勇気が要るかもしれないけれど、

どんなに正しくても、
どんなに多くの人に効果があるものでも、
思い切って、止めたり、休んだりしてもいいんじゃない?

私は、そう思います。
(というか、当時の自分にそう言ってあげたいです。)

これは、「できないんだから仕方無いじゃん!」と開き直るというのとは、少し違います。

「今の等身大の、ありのままの自分を」を知り、

ジャッジせず、否定せずに、
ただ、それを認めて、

そこからスタートする

ということです。

そして。

やっていて苦しくなるほどなのに、
救いを求めて、必死にそれに取り組んでいる自分。

それほどに、自分は楽になりたいんだ。
それほどに、自分は苦しいんだ。

「できない自分」を責める一方じゃなく、
そこまで苦しんで必死になっている、その自分の方に目を向けて、見てあげて欲しいなと思うのです💐

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる