本当の願いは、「ただその思いを分かって欲しい」それだけだった。

目次

セルフワークのご紹介

今回は、私の癒しのジャーニーのシェアとして、印象的だったセルフワークのご紹介です^^

ひらめき電球セルフワークとは:自分自身でセラピーなどのワークをすること。

願いを叶えてもらえなくてもいいただ、これがあることを分かって欲しかった。

この時のセルフワークは、何のテーマについて取り組んでいたかは忘れてしまったのですが、セラピーの途中から、父親と、小学生くらいの私のイメージが出てきました。

小学生の私は、父親のことを、横暴で、全く家族の気持ちを慮ってくれずに、人の心を踏みにじる暴君のように感じていたようです。(お父さん、ごめんね~にひひあせる

セラピーの中では、その当時の状況や感じていたことなどが、ありありと出て来ることが非常に多くあります。

セラピーを進めて行くと出てきたのは、

爆撃されて焼け野原になった広場に、
小さな一凛の花が咲いているイメージ。

その花の前に、うなだれて座り込んでいる小さな私。

そのイメージをよく感じてみると、
父親が、全く家族のことを慮ってくれず、人の心を踏みにじるさまが、そのようにデフォルメされてイメージとして出てきたようだということが分かりました。

焼け野原に、たった一凛残ったその花は、
私の中にある、本当に小さな、ささやかな願いの象徴のようでした。

その花を感じているだけで、なぜか涙が出てきます。

そのささやかな願いというのは、

お父さんに、お母さんに優しくして欲しい。
みんなが少しだけでも、優しさや思いやりを交わして、温かさを感じられればいい。

言葉にすると、こんな感じでした。

そして、こんな思いが出てきました。

たったこれだけ。この、本当にささやかな願い、
これがあることを分かってくれるだけで良かった。

願いを叶えてもらえなくてもいい

ただ、これがあることを分かって欲しかった。

「そうだったんだね」と、そのまんまを、温かさの中で理解してあげること。

Coming Homeのセラピーでは、
クライアントさまから出てきた、深いところに隠されていた思いや感情を、「そうだったんだね」「こんな風に感じていたよね」「そう思っていいんだよ」と受容して行くことがあります。

そんなことで意味があるの??

と思われるかもしれません。

正直、最初は私自身もそう思っていましたにひひあせる

けれども。

本当に感じていたこと、思っていたこと

それに気づいてあげて、

「そうだったんだね」と、そのまんまを、温かさの中で受け容れてあげる。
理解してあげる。

それだけで、その、気付かないまま置き去りにされていた思いや感情に、
まるで光が当たったかのように感じられたり、


自然に緩んで、流れ出したりするのです。

この時のワークでは、

その一凛の花、私のささやかな願いを、
父自身というよりも、父の心の奥底、魂のような部分が、「そうか、そう思っていたんだな」と理解してくれて、
小さな私は、父が理解してくれた嬉しさ、安堵のような感じに変わりました。

その感覚を、身体の細胞ひとつひとつでしっかり感じて終了。

ここで、「お父さんが理解してくれるはずなんてない!!」という展開になることも多いです。

・・・というか、私は何年もずっと、そんな展開ばかりでしたにひひあせる

(癒しが進んできたためか、ようやく最近「両親が理解してくれる・愛してくれている」という感覚を感じられるようになってきました。)

「お父さんは理解してくれるはずなんてない!!」となった場合も、何も間違ってはおらず、その思いを持つに至った理由が必ずあります。
ですから、その思いを持つに至った背景やそこにある感情を見つめ、じゅうぶんに寄り添って行きます。

私たちが深いところで望んでいるのは・・・

私たちが深いところで望んでいるのは、

願いが叶うとか、何かが手に入るとか、
実は、そういうことじゃなくて

自分が本当に感じていること、思っていることに、
気付いてもらうこと

そして、「そう思っているんだね」と、そのまんまを認めてもらうこと

実は、それだけなのかもしれません。

そしてそれは、「外の誰か」ではなく、
自分が、自分に与えてあげることができるのです
^^

お知らせ

3月末より北海道に移転することになりました。
3月半ば~4月初旬は、お申込みやお問合せへのご返信にお時間をいただく場合がございます。
ご迷惑をお掛けしてしまい恐縮ですが、ご理解の程どうぞよろしくお願いいたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる