RFTとは ~セッションで使用する心理セラピー~

まずは「心理セラピー」について、こちらの記事からご覧ください。

目次

RFT(レジスタント・フリーダム・セラピー)とは

「RFT(Resistant Freedom Therapy®)」(以下「RFT」)とは、創始者の佐藤純子さんが、自らの癒しの体験の中で産み出されたセラピーテクニックです。

直訳すると「抵抗を解放するセラピー」です。

EFTの発展型で、タッピングと受容によって、ネガティブな感情や思いが持つメリットを見つめて行きます

Resistant Freedom Therapy(R) の実績
  • トラウマ、フラッシュバック
  • ショックな出来事
  • ウツ
  • パニック障害・不安障害
  • 恐怖症、強迫性障害・強迫観念、適応障害
  • 依存症・衝動
  • 倦怠感・疲労感
  • 絶望感・孤独感・虚無感・無力感
  • 離別苦・表現できない苦しみ

などの緩和・改善

  • 感情のコントロール
  • ストレスの減少
  • 自己愛を高める
  • ビリーフの緩解

※体験者からの報告であり、効果を保証するものではありません。

Resistant Freedom Therapy Japan公式サイトより抜粋)

「ネガティブな思いや感情が持つメリット」を見つめる。

「ネガティブな思いや感情が持つメリット」と聞くと奇妙な感じがするかもしれません。

けれども、私たちは心の奥深くでは、
ネガティブな思いや感情にメリットつまりそれを持っている大切な理由があるのです。

「思いも感情も、苦しいなら手放してしまえば良いのに、手放せないでいるのは、その人にとって大切な意味がある」という視点から、メリットを見つめることで、癒しを起こします。

Resistant Freedom Therapy Japan公式サイトより抜粋

例えば、私の例で言うと・・・

私は母への深い罪悪感を感じて苦しんでいましたが、
実は心の深層、潜在意識では「罪悪感で母と繋がっている」と感じていたために、
その罪悪感を手放すと、母との繋がりを失ってしまうと感じていることが分かりました。

そのような「メリット」、つまり「その罪悪感を持ち続けている理由」があれば、
「苦しいのだから手放せばいいのだ」と考えても、やはり抵抗が起こります。

また、なかなか治らない病気の人は「病気が治ったら皆に優しくしてもらえなくなる」と恐れているようなケースもあります。
(※注:病気の方が皆さんそうだというわけではありません。あくまでも「そういうケースもある」という例です。)

私たちの心や意識は、「自分にとって”良い”と判断したこと」しかしません

そういう意味では、潜在意識を含む私たちの心・意識は、
常に自分にとって最善だと思うことを選択しているのです。

RFTは、とても優しいセラピーです。
ネガティブな思いや感情を、「そう感じていいんだよ」と温かく受け容れて行きます。

自分の思いや感情を、否定することなく「そのまま受け容れる」ということが、
どれだけ心に温かく響くか、癒しに繋がるか、きっと驚かれることでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる